新着情報
  • ACEproject
  • 音楽制作一覧
  • 写真一覧
  • 使用機材一覧
  • バイオグラフィー
  • スケジュール
  • お問い合せ

現代の闇に潜むコントロールされた不安定な「悪」は隣に住む奇妙な隣人の不可解な行動から始まった・・・

最近、映画を見に行った時に、毎回パンフレットを購入する僕なんですが、その日は給料日後の土曜という事もあり新宿のグッズショップを大盛況で約10分ぐらい並び僕の番が回ってきて、720円のパンフレットを1020円出して購入しようとし、可愛らしい店員さんが「先に、商品です」と手渡されその後レシートを受け取り、長蛇の列から解放され、ふと気づくと「300円もらったっけ?」と不確かな疑問にぶち当たり、小銭入れを見ても100円玉3枚の影は無く、もう一度店員さんに確認しようと尋ねたら「そんな事はないです」と笑顔で答えられ、「もう映画も始まるし・・・いいや」と心の何処かではイライラ感を覚え、上映が終わりふと「あ、ヴェノムの前売り買わなきゃ」と思いだし再度、先ほどのショップへと買いに行ったら、またもやあの店員さんで、心の中にある感情をしまいつつ紳士的な対応で臨んでいた最中、その店員さんが前売りの入った袋を渡そうとした瞬間、急に引っ込めてせっせと、袋の折まがった小さい角をせっせと人様の為に綺麗にしようとしていて、その姿を見た瞬間、300円ぽっちで心を荒ぶっていた自分自身が恥かしくなってしまった僕がお送りするNo.movie No.lifeのお時間です。
 

 
さて、多分ここ最近で一番前置きが長かったと思うんですが・・・・今回僕が独断と偏見でお送りする作品は上記とは全く関係ない作品でございます。
 
それは、「クルーピー偽りの隣人」でございます。
え~実はもう一つご紹介したい作品があったんですが、それは「冷たい熱帯魚」という作品でございました。
 
この「冷たい熱帯魚」という作品なんですがR18指定で結構グロイ描写があるんですね。
しかも、1994年にあった「埼玉・愛犬家殺人事件」という実際の事件を元に制作されている事もあり僕自身、最初に見た時は少しトラウマ・・・
まではいきませんでしたけど衝撃的だったのです。
 
将来的にはご紹介したいなと思っているのでその時は宜しくお願いします!!
 
では、今回の「クルーピー偽りの隣人」なんですが、この作品には絶対的な「悪」が基盤となって、それを中心に不透明な悪が重なりあっている映画でもあり、
その「悪」という存在は人間をいとも簡単にコントロールできやすい=人間というものは不完全で弱い生き物という事を再認識したような作品でもありました。
 
そんな、「クルーピー偽りの隣人」では主人公の隣に住んでいる奇妙な隣人に対し、最初は嫌っていた彼らなんですが、変な事から隣人との時間を過ごしていくうちに、いつの間にかその奇妙な隣人に操られ主人公の妻は最初は嫌悪感さえ抱いていたが、最後は隣人の肩を持つようになり、いわゆる「マインドコントロール」と呼ばれるものにハマってしまい、そのせいで主人公は物語が進むに連れ肉体的・精神的に追い詰められていく・・・というめまぐるしい描写も見どころの一つだと思います。
 
それではここで奇妙な隣人に侵されていくマインドコントロールの恐怖を描いた「クルーピー偽りの隣人」のあらすじをご紹介します。
 
元刑事でもある高倉は、ある事件をきっかけに警察を辞め大学で犯罪心理学を教えていた。
ある日の大学の放課後、同じ職場の同僚が関東での過去の事件の資料を作っていた。
 
興味本位で同僚の資料を見ていた高倉は、ふとある一つの事件が目に留まった。
 
8年前に発生した「日野市一家三人行方不明事件」
 
元同僚の野上からこの事件の分析を頼まれるのだった。
そんな中、この事件の唯一の被害者である長女・早紀にコンタクトを取り記憶を辿ってみても彼が求めていた
核心にはなかなかたどり着く事が出来なかった。
 
そんな中、妻・康子と共に引っ越した新居の隣人・西野はどこか奇妙な存在だった。
最初は、高倉も康子も不気味がっていたにも関わらず、康子はいつの間にか高倉に許可も無く西野の娘でもある澪と一緒に新居へと招き入れたり別の日には西野家へ赴いたりしていたのだった。
 
一方、高倉は行き詰る行方不明事件を分析する中、ある一人の人間が浮かび上がった。
その犯人が新居の隣にいる西野に特徴が類似しておりこの事実に困惑する中、大学から帰宅した時に偶然出会った娘の澪が高倉に驚愕の真実を告げた。
 
「あの人、お父さんじゃありません。全然知らない人です。」
 
続きを読む
 
映画ブログ一覧はこちら・・・・
 


クルーピー偽りの隣人