新着情報
  • ACEproject
  • 音楽制作一覧
  • 写真一覧
  • 使用機材一覧
  • バイオグラフィー
  • スケジュール
  • お問い合せ

悪魔に犯された娘への復讐を果たす為、今まで芽生える事の無かった「新たな正当化」が目を覚ました時、 血の雨が降り注ぐ狂気に満ちた夜が今幕を開ける!!

みなさん
こんばんは
 
最近、普段の生活で自分はアクティブな生活を過ごせていると思い込んでみたんですが、とある何もない(一応なんかある)日に、布団にから目覚めて、起きようと試みても何もやる気がおこらず、「さぁ、やろう、さぁ、やろう」と決意を沸々と布団の中で燃やしていても、人間の三大欲求の一つでもある「睡眠」には勝てず、夕方過ぎぐらいまで寝てしまい、その時確信したのが「僕という人間は一度活動したら疲れるまで動けるけど、休みの日とか何もない日に関しては全く起動できない人間なんだなぁ~」とい自己分析を台風が直撃している我が家で実感してしまった僕がお送りするNo.movie No.lifeのお時間でございます!!
 

 
さて、自虐ネタを踏まえつつ、一ヵ月ぶりのご無沙汰となりますが本日も僕の独断と偏見でお送りするこの映画ブログでも更新していこうかなと思います。
今回、ご紹介する作品はこの上記で書いた「何もしなかった日」にみた映画でございます。
 
それは、「THE LAST HOUSE ON THE LEFT-鮮血の美学-」でございます。
鮮血の美学・・・・明らかにファンタジーやら、ラブコメではない!!とタイトルから読み取れますが、ご察しのとおり今作はバイオレンス・ホラーのご紹介です。
 
一応ですが、今作はR18指定になっております。
作品全体にエロテックな描写がある訳でもないんですが・・・色々な意味でのR18指定でございます。
 
さて、今回の作品ですが、おおざっぱにご紹介いたしますと、自分の愛娘が街中で偶然出会った犯罪者達に拉致され暴行されてしまい、この犯罪者達を嵐の中、助けたのが愛娘の両親であり、我が子に起こった事実を知るやいなや次々と彼らに復讐をしていくというホラー?ホラーか・・・ホラー映画ですね。
 
実はこの作品なんですが、1972年製作の「鮮血の美学」をリメイクした作品でございまして、オリジナル版は数年前に見た記憶はあるんですが今回たまたま見る機会があったのでご紹介しようかなと思いました。
 
いや~個人的な感想になるんですが、一言で言ったら「おもしろかった」ですね。
ホラーと言えば、イメージ的に絶対的強者と絶対的弱者のこの位置関係が確立されて、このテーマを軸に物語が展開されているのが一般的かなと思うんですが、今作はこのテーマを壊し、殺される人間ではなく殺す側(復讐執行人)に感情移入ができる作品だなと感じました。
 
まぁ~自分の娘が、どこの馬の骨か分からん人間に暴行されたんですから、これは復讐したくもなりますわ!!
 
それでは、ここで最愛の娘を拉致し暴行を働いた犯人たちに、娘の両親が復讐劇を繰り広げていく「THE LAST HOUSE ON THE LEFT-鮮血の美学-」のストーリーをご紹介しましょう。
 
医師のジョン・妻エマ、娘メアリーは、束の間の休暇を過ごすために森の別荘を訪れる。
別荘に到着し、少し間の後、メアリーは町で働く友達ペイジに会いに行こうとする。
娘の身を案じてかエマは反対するが、日頃の生活から解放されリラックスしたいという娘からの説得に渋々了承してしまうのだった。
街に到着後、ペイジとレジカウンターで会話を弾ませるメアリー。
ペイジとの会話の流れがいつしかマリファナの話題に変わっていく。
二人の会話を偶然にも聞いていた客であったジャスティンは、彼女達に「極上のマリファナがある」と告げ、二人を自宅へと招きいれた。
 
彼は、父親・彼の叔父、父の恋人との共同生活を送っており、各地を転々としていた。
ジャスティンは、「今日は誰も家には帰ってこない」という事で彼女らを招き入れたのだったが、運悪く彼の父・クルーグが帰宅してしまう。
場は一気に、恐怖に包まれメアリーとペイジは車に乗せられ、森の中に連れ込まれ無抵抗にも暴行されてしまうのだった・・・・
 
この数時間後、悪夢に犯された娘の悲しみと恐怖を知ったメアリーの両親が嵐の中で訪ねてきたクルーグ達に対し復讐執行人として1人づつ「娘の為」に殺していくのだった。
 
続きを読む
 
映画ブログ一覧はこちら・・・・
 


THE LAST HOUSE ON THE LEFT-鮮血の美学-