新着情報
  • ACEproject
  • 音楽制作一覧
  • ゲーム実況動画一覧
  • 写真一覧
  • 使用機材一覧
  • バイオグラフィー
  • スケジュール
  • 販売管理
  • お問い合せ

映画ブログ更新しました~新感染~

最近、外出する時にエアコンの電源を入れっぱなしで出てしまう事が多くあり、その状況を打開すべく、いつも以上に気を付けて生活していたある日、いつものように出掛ける準備をして靴を履き鍵をしめて歩き出した瞬間、エアコンの電源が気になり再度戻ってみると案の定・・・
電源ONになっていたので心の中で「危ねぇ!!」と心の中で呟きながら電源をOFFにし安心して出かけたのですが、その何時間後・・・

帰宅した際に、ドアを開けると何処となく暖かい風が身を包み「まさか?」と思いエアコンを見ていると元気よく主のいない部屋を暖めているエアコンを目のあたりにし、頭の中で「悔しさ」と「もどかしさ」と「自分への怒り」が抑えきれなかった僕がお送りするNO.movie NO lifeのお時間でございます。
 

 
さて、今年入って初の映画ブログ。
気持ち的には、お正月明けに一本更新しようかなと思っていて、映画も結構見ていたんですが他の作業に時間を取られてしまい、それと同時に映画の内容も忘れ気味に陥ってたので流しておりました。
 
しかし、未だに色々あるんですが、先週、個人的に気になっていた映画を鑑賞する機会がありましたので、忘れないうちに更新していこうかなと思います。
 
さて、今回ご紹介する映画はゾンビ映画でございます。
実は、今日お送りする作品はアメブロでも記事にした内容だったんですが、僕的にこのちらのコンテンツにもアップしておきたいなぁと思いましてご紹介しようかなと思っています。
 
そんな感じの今夜の作品は、韓国産のゾンビ映画「新感染 ファイナル・エクスプレス」でございます。
韓国での原題は「釜山行き」という事みたいなのですが、こちら「新感染」というワード!!
 
パッと見で「今までにない新種の狂暴なウィルスか?」と思わせるほどのイメージを持たれるかもしれませんが、劇中の主な舞台が「エクスプレス=特急列車」=「新幹線」=「新感染」と少々シャレを交えてのタイトルなのかなと予告編を見終わった後に思えたりとか思わなかったりとか・・・・
 
僕もこの予告編を映画館で見て「なんとなく面白そう~」と思っていたと同時に「また、似非ゾンビ映画がでてきたなぁ~」と思ってたりとかしてたんですが、実際、鑑賞してみるとゾンビ映画ではあるんですが、ホラーという恐怖というメッセ―ジ性以外も含まれていた作品だなと思ったのです。
 
それではここで珍しい韓国産のゾンビ映画「新感染 ファイナル・エクスプレス」のストーリーをご紹介しましょう。
 
※下記内容はアメブロでもご紹介した内容と同じです。
 
別居中の妻がいるプサンへ、幼い娘スアンを送り届けることになった父親のソグ。
夜明け前のソウル駅から釜山行きの特急列車KTX101号に乗り込むが、ソウル駅内では何処か騒がしい雰囲気の様子・・・
そんな中、発車直前にある不審な女性が入ってくる。
 
乗務員が社内で苦しむ彼女を見つけ他の乗務員に救助を求めようとした瞬間、彼女は目を覚まし助けを呼ぶまもなく勢いよく噛みつかれてしまった。
そして噛みつかれた乗務員も謎のウィルスに感染し、瞬く間に車内はパニック状態に。
 
車内の異変に気づいたソグは、スアンを連れ車両の後方へ避難する。
状況が把握できないまま次々と感染していく車内の乗客達!!
 
安全な車両に逃げ込んだ彼らは、車内のテレビで、この未知のウィルスパンデミックにより韓国政府が国家非常事態宣言を発令したことを知るのであった。
 
 
続きを読む
 
映画ブログ一覧はこちら・・・・
 


新感染 ファイナル・エクスプレス