映画ブログ
  • ACEproject
  • 音楽制作一覧
  • ゲーム実況動画一覧
  • 写真一覧
  • 使用機材一覧
  • バイオグラフィー
  • スケジュール
  • 販売管理
  • お問い合せ

ニューヨーク・マンハッタンを舞台に繰り広げられるお化け退治が 最新映像技術を駆使して大暴れ!!

皆さん、こんばんは
 
最近、今年公開される「ジュラシックワールド」のフィギュアが欲しくて探したんですが全く無く、しかもアメリカウォルマート限定の商品だったので「どうしようか」と路頭に迷っていたら、海外のオークションサイト「ebay(イーベイ)」で見つけ購入しようとした瞬間、「上記金額以外でも国際手数料・税関料」という項目が別途に記載されており、心の中で「え~じゃ総額いくらなの?」という不安と疑問が僕の頭を支配している中、「何事も経験・経験」という気持ちで躊躇っていた10分後にはすで に画面には「ご購入ありがとうございました。商品の到着までしばらくお待ちください」っていう画面が表示された瞬間、ワクワクと同時に不安が何処からともなく押し寄せてくるこの感じに慣れない僕がNO.movie NO.lifeのお時間でございます。
 

 
さて、今回ご紹介する作品は80年代にブームとなったゴーストとコメディー要素が合体した作品。
「ゴーストバスターズ」でございます。
 
この作品なんですが、80年に流行った元祖ゴーストバスターズの続編・・・という訳でもなくキャストも全て女性にした新しいゴーストバスターズでございます。
この作品は、前々から見てみたいなぁ~と思ってたんですが、今回ちょっと見る機会があったので見てみました(笑)
ネットの レビューではそこまで高かった訳ではなかったんですが、個人的には結構好きな映画でしたね!!
 
登場する女性キャラクターもそれぞれ個性があり、進化したゴーストに迎え撃つ新生ゴーストバスターズという内容では面白い作品ではないでしょうか。
それでは、ここでニューヨークの街を舞台に再びゴースト退治が繰り広げられる「ゴーストバスターズ」のストーリーをご紹介しましょう。
 
ニューヨーク
マンハッタン・・・・
 
この大都会の中にある19世紀に建てられた屋敷で最初の事件が始まる。
ゴーストを見たのはこの屋敷をツアーガイドする男性。
 
ここに巣食うゴーストは、屋敷の人間・一族全てを一晩にして皆殺しにしてしまうという娘であり彼女の魂は屋敷の地下室へと閉じ込められていたが、何かしらの封印が解けてしまい事件が起こってしまったのだ
 
この事件により屋敷の持ち主はコロンビア大学で物理学の教授をしているエリンに調査を依頼する。
エリンは不思議そうな顔をして「なぜ私に?」と聞き返し、彼はエリンが過去に半分お遊びで書いた超常現象の著書を購入し絶版になったとエリン本人は思い込んでいたが今現在もアマゾンで販売されているのだという。
彼女の今の立場からしたら、忘れたい黒歴史だが言い訳する術も見つからず、これ以上事が大きくならない様に彼女は当時、共同執筆者であり今現在もネットを通して販売している張本人でもあるアビーに会いに行く。
 
今現在、アビーは、素粒子物理学者のホルツマンと共に超常現象の研究をしてた。
会って早々エリンはアビーに向かって絶版になった本の事、このせいで大学では彼女の今後の身の振りを審査中であるという事。
そして、屋敷の持ち主から依頼のあったゴースト存在をストレートに否定したりもう信じていないなど・・・・
 
これを聞いたアビーは失望してしまう。
 
しかし、エリンから屋敷の地下室に出没するゴーストの件を聞くなり興味津々、アビーは屋敷の持ち主を紹介してくれたら本の販売は一切しないとエリンに約束をするのだった。
 
屋敷に到着すると早速調査を開始するアビー達。
調査を進めると、屋敷の娘が監禁されていた地下室への扉が勝手に開き、青く光ったゴーストが出現したのだった。
 
パニックに陥るものの、本物のゴーストとの遭遇に大感激し、二言目には「ゴーストを見た!私達は正しかった!」と撮影していたカメラに向かって大声で叫びつづけた。
 
これを機にゴースト退治を専門とするゴーストバスターズを結成。
 
ニューヨークの地下鉄職員パティと受付係のケビンを加え、このニューヨーク・マンハッタンを舞台に様々な武器を駆使し活躍していくのであった。
 
続きはこちら・・・・
 

            
その他、映画ブログ記事は↓↓↓コチラ↓↓↓をクリック!!
NO,Movie NO,Life!!


  • インスタグラム
  • サウンドクラウド
  • アメーバブログ
  • 初音ミク×ACEproject