映画ブログ
  • ACEproject
  • 音楽制作一覧
  • 写真一覧
  • 使用機材一覧
  • バイオグラフィー
  • スケジュール
  • お問い合せ

互いが思い描く「この素晴らしき世界」 その不完全な思想の中で蠢きあう「欲望」と「愛情」が純粋な「悪人」を誕生させてしまう。

最近、手持ちのクレジットカードのポイントがそのまま、通勤で使用する事が出来る「Suica」と連動できる事を知り、クレジットのポイントが見た感じ結構溜まっている感じがしたので、そのポイントをクレジットカードから「Suica」へと1万円移行した後、いつも定期として使用していた僕が、切符が必要な場所や、自販機など「Suica」ですべて清算し、ちょっとした都会&リア充感を約2週間満喫した後、残り数百円の時に「クレジットでポイント溜めて、そのポイントを行こうさせれば凄い得じゃん」と信じ込んでいた或る日、カードの明細を見たら、約2週間前に、クレジットカードから「Suica」へとポイントだと思って移行させたつもりの1万円が見事に、記載されていて・・・
「あれ、あれポイントじゃないの??」と思い込みながら、「Suica」で無駄に使用したお金の存在を改めて後悔するのと同時、頭の上に大きなクエスチョンマークが浮かび続けている僕がお送りするNo.movie No.lifeのお時間でございます。
 

 
さて、毎月1ヵ月に更新のこの映画ブログですが、前回の冒頭で少し触れたんですが・・・
やはりご紹介したいこの作品、園子温監督の「冷たい熱帯魚」いやぁ~この作品はR18指定の危ない映画でございます。
先にご忠告しておきます(笑)
 
多分、こんなにやばい映画をご紹介したのは、多分「ムカデ人間2」以来かもです。
しかし、ハマる人はハマる映画でもあります。
僕自身、1回見た後、他の作業をする度に、流しっぱなしにしてしまうというハマリッぷりでございます。
なぜ僕もこんなにまで魅了されているのか???
自分でもよく分かりませんが、今回このような形で文字に出して書いていく中でその答えが少しでも分かればいいかな?と思いながら更新していこうと思います。
 
さて、今回の「冷たい熱帯魚」という作品なんですが、1993年に起きたある事件を題材として制作されております。
それは「埼玉愛犬家連続殺人事件」。
 
簡単にご説明いたしますと、【1993年(平成5年)に日本の埼玉県熊谷市周辺で発生した殺人事件で殺害した遺体をバラバラ(透明)にして警察の捜査を錯乱させ、犯人は完全犯罪を目的とした事件でもありました。
事件の名前からしてあまり印象に残らない、逆に愛犬家だなんて少し可愛らしい感じの事件なのかな・・・と思ったんですがとんでもなかったです。
 
なんでしょう?イメージ的には・・・・
愛する愛犬を殺されて逆上して相手を殺しちゃった・・・とかそんな感じの事件かとばかり思ってたんですが・・・
とんでも無かったですね(笑)
 
それでは、ここで実在の事件を元に制作された「冷たい熱帯魚」のあらすじを軽くご紹介しましょう。
 
国道沿いの小さい熱帯魚店を営む社本信行は、死別した前妻の娘・美津子と、現在の妻・妙子との3人暮らし
しかし、家族間の仲は悪くあまりいい環境ではなかった
 
その中で、社本は2人の為にあまり自分の意見も主張せず毎日を淡々とこなす日々を送っていた
娘の態度にも見て見ぬふりをし続けてしまった結果、美津子はスーパーで万引きをしてしまう。
 
店から事情を聞きスーパーへ向かうとそこにはスーパーの店長が美津子み憤慨してる光景が広がっていた。
社本は慣れた様子で、店長に謝り続けていると、そこに一人の男が現れる。
 
彼は店長の友人でもあり同じ地域で熱帯魚を販売している村田という男だった。
友人のよしみという事もあり今回の万引きの件の村田のお陰で難なく解決する事ができ、彼は社本に自分が今経営している熱帯魚店(アマゾンゴールド)でバイトをしたらどうか?と提案を持ちかけてくる。
 
社本はその親切さと人の良さそうな村田に誘われて、娘・美津子を働かせてもらうのと同時に、同じ経営者として「あるビジネス」の話を持ちかけられ社本は、村田とその妻・愛子との交流が始まる。
 
しかし、この関係が連続猟奇殺人の幕開けになろうとは今の社本は気付くはずもなかった。
 
 
続きを読む
 


冷たい熱帯魚

            
その他、映画ブログ記事は↓↓↓コチラ↓↓↓をクリック!!
NO,Movie NO,Life!!


  • インスタグラム
  • サウンドクラウド
  • アメーバブログ
  • 初音ミク×ACEproject