• ACEproject
  • 音楽制作一覧
  • 写真一覧
  • 使用機材一覧
  • バイオグラフィー
  • スケジュール
  • お問い合せ

1993年から2018年までの進化に心を奪われ続けてきた男の巻

みなさん
こんにちは
 
今日も「あ~でもない、こ~でもない」と思いながらブログを更新していこうかなと思います。
さて、世間一般ではワールドカップが流行っており普通?なのであればこのような内容を記事にするのがいいと思うんですが・・・
 
僕は残念な事に全くとまでは言いませんが、あまり知らないのです。
本当に・・・・
 
僕の周りの方も、「今日は日本戦があるからお先です!!」と言い放ち帰っていく方が多数おったんですが、僕は毎年毎年、いつも
見送る立場でございます。
しかも、渋谷にほぼいるのでネットやテレビでも話題となっているスクランブル交差点での若者の熱狂が凄いらしく心の中で「本当に同じ渋谷だよね?
ここから10分ぐらい歩いた場所だよな?」とテレビやネットで映し出されるスクランブル交差点近辺の映像をみると何処か異世界のように思えるのです。
 
マテル
 
さて、世間一般で盛り上がっているワールドカップとは対照的に僕の心の中で盛り上がっているのが「ジュラシックワールド」のフィギュアでございます。
最近は何かとこのフィギュアの記事ばかり書いているんですが、先日もまた買いました(笑)
ちなみに、明日も買います。
 
もう、本当に欲しいのです。
集めて、恐竜どうしを戦わせて遊ぶとかではなくて、ただ他のフィギュアと並べて眺めるだけなんです(笑)
 
なぜ、今回はこんなにもフィギュアを買ってしまうのか??
前作では「インドミナスレックス」のフィギュア一体のみのご購入だったんですが、今回は小さいフィギュアも含めたら7.8体はご購入いたしました。
 
 
多分、ただクオリティーが高いのとデカい!!デカい!!!のが原因だと思いました。
今回からハズブロ(Hasbro)からマテル(Mattel)というメーカーに変わり前回までフィギュアのクオリティーがまた違うんですよね。
 
今回はティラノサウルスのデカいフィギュアを購入したんですが、前回は購入しなかったんです・・・・理由の一つは側面は普通な状態でもう一つの側面は
ネジがむき出した状態であったりと少しイメージが壊れる仕様になってたのです。

ハズブロ(Hasbro)前のケナー(KENNER)という会社は初期のジュラシックパークのフィギュアを発売しており大きいもので全身がゴム製で製造されていて
生物感が感じられるクオリティーだったのです。
その後、ハズブロに買収されてしまい、初期のゴム製でのフィギュアが廃止され(僕の知っている情報の中では)プラスチックなアメリカントイに変わってしまったのです。
 
個人的にはケナーのようなリアリティーのあるフィギュアが好きで前作のインドミナスに関してはメイン恐竜という事もありその一点だけ購入いたしました。
今年も、映画が公開という事もありジュラシックのフィギュアが発売されるであろうという予想はしていたんですが・・・・前作のクオリティー云々も考え今作のキーパーソン的な恐竜「インドラプトル」だけ当初は考えていたんです。
 
でも、今回からマテルに変わったことも知ってさらにフィギュアのクオリティー面の事が勝手に心配になり、内心ドキドキしてたんですが海外の動画サイトを見てみると結構クオリティーが高くデカいし・・・「なんか雰囲気がよかったんですね」(ここは僕の感性の問題ですのでスルーして頂けると幸いですwww)
 
で、アメコミ専門店に入荷したという情報も聞きつけ、お目当ての「インドラプトル」と「ヴェロキラプトル」を購入。
やっぱり細部にまでこだわって造形されておりました。
 
そして前回、ブログにした海外から取り寄せたティラノサウルスのフィギュア・・・・
実際、見て触って感じたのが一言で言ったら「安心できるフィギュア」でした。
サウンドギミック搭載されてるし!!
 
もう、本当にここからは半分自分の世界観の感性でブログを書いていきます。
 
ヴェロキラプトル・グリーン
 
そして、やっと本題なんですが、先日品川にあるイオンモール内で購入した「ヴェロキラプトル・グリーン」
こちらなんですが、名前の所に日本語表記・・・いや日本語表記されているシールが貼られているのです。
(写真では分かりずらいですが・・・)

僕は敢えてこの日本語表記されて商品が欲しくて遠くはるばる品川までご来店したのです。
いいですね!! なんかオツな感じで・・・この時期にした店頭ではお目にかかれませんので!!
 
ヴェロキラプトル
 
それに1200円と他のフィギュアとお値段がお安いんですが、意外とクオリティーは高い。
一番良かったのが、口がキチンと閉じる事なんです。

僕の中で案外これが大事な要素で、今ままでのフィギュアもとりあえずは開閉ギミックは合ったんですが、何処か物足りなさを感じてたんです。でも、今回は劇中内で口を閉じている様子さながらのクオリティーだったので・・・ん~ヨカッッタです。
しかも、アメリカントイの雰囲気がプンプンします。

さらに、ヴェロキラプトルと合わせて並べ合せて見ても、どことなくバランスが素晴らしいレイアウト・・・・のような感じがします。
さて、今回は軽く・・・本当に軽くジュラシックフィギュアの内容をブログにしてみました。
いや~いいですね!!
もう、この一言。
ジュラシック系のフィギュア関係は、すぐプレミアが付いてしまうので結構情報とかアンテナ張ってないとゲット出来ない所もあるので、この時期は一日一回ネットのオークションを見たり色々活動をしております!!

で、今回マテルのフィギュアにどっぷりハマった僕は、近日中に海の中に生息する「モサさサウルス」と「ガリミムス」の
フィギュアを購入予定でなので、手元に来たらまた写真付きでこのプライベート日記を更新していこうかなと思います。

ではでは!!